横浜の鍼灸は「下町はり灸整骨院」

47歳女性(パソコン業務)

 

初診

1週間前に職場でクリスマスの飾り付けをしていて疲れを感じた翌日、左の首から背中(肩甲骨の奥のほう)から指先にかけてシビレがでてじっとしていても焼けるような痛みが出てきたと。首を後ろや左側に倒すと背中から腕にかけてビキっとした痛いような痺れが出ると。
触診してみると、左の斜角筋、板状筋、胸鎖乳突筋に緊張がかなり出ていて、後頭下筋群の緊張も強くそれにより頚椎の動きを制限している様でした。
鍼、マッサージで固まっている筋の緊張を取り、後頭骨周りの筋膜をリリースしました。

2診(4日後)

施術後は軽くなったが、まただんだん戻り前回と同様の症状との事でした。
前回施術した部位は以前より緊張は緩んでいたものの、腕へのシビレが変わらなかった為、肩甲骨の裏にある肩甲下筋にアプローチしてみたところ、腕への放散痛が確認できました。患者さん自身も「ここが原因っぽい」と思われたようでした。前回はここへのアプローチが出来ていなかったためすぐに戻ってしまったようでした。

3診(1週間後)

前回から比べ、痛みが10から3まで下がったそうでした。腕への痛みはなくなり、背中にまだあるとのことでした。また左に首を倒すと右側が突っ張るとの事でした。

4診(1週間後)

大分楽になり、背中の痛みもなくなり今はデスクワークをしているとだんだん左肩が固まるのが今の主訴だそうです。もともと肩こりがある方で顎関節も悪く体の歪みもあるので今度は全体的なバランスを見て治療しましょうと提案させていただきました。

横浜の鍼灸は「下町はり灸整骨院」 PAGETOP