横浜の鍼灸は「下町はり灸整骨院」

なぜ? 当院の
トリガーポイント治療は
こんなにも改善するのか?

オーダーメイドで施術

shimochou2_27

top-bnr1-sp

このような症状は
トリガーポイントが
\原因かもしれません/

  • 日によって良い時と悪い時がある
  • 足に力が入りづらい
  • 排尿や排便に異常はない
  • 温めると楽な感じがする
  • 痛みが出始めたころ環境の変化やストレスを感じていた
  • デスクワークなどで同じ姿勢でいることが多い
  • 肉体労働やスポーツなどで身体を酷使している
  • ももの前面には痛みやシビレは出ない
  • 神経ブロック注射をしても効果がない
  • 皮膚の感覚は正常もしくは鈍く感じても軽度

一人で悩まずご相談ください

 

矢印

 

 

トリガーポイントとは?

交通事故治療

トリガーポイントとは、痛みの引き金になるポイント(点)という意味で、ピストルの引き金を引くと、弾が遠くまで飛ぶように、トリガーポイントを押すと痛みをそこから離れた部位で感じる事から名付けられています。これは神経の走行とは関係のない所で痛みを感じるため、「神経痛」ではなく「関連痛」と呼ばれています。

トリガーポイントという言葉は聴きなれないかもしれませんが、実はほとんどの方の身体にはこのトリガーポイントというものが存在しています。
肩こりなどをお持ちの方でしたら、このような経験をお持ちではないですか?
自分で押してみた時に、凝っていると思っていた場所から案外離れた場所が ズーン と響いて気持ちよかったこと。

またマッサージを受けるのが好きな方でしたら「そこそこ!」という場所を押してもらうと、痛いけれど気持ちの良いズーンという感覚が身体の奥や周りへ響くという感覚を経験したことがあるかもしれません。

このような感覚を起こすポイントをトリガーポイントといい、おもに筋肉を包んでいる筋膜という組織に形成されるポイントのことで、このポイントが原因となり様々な痛みやコリなどのつらい症状を引き起こしているのです。

 

 

症例を細かく
\見ていきましょう/

 

症例1 坐骨神経痛

坐骨神経痛坐骨神経痛と診断され下の図の赤く示したライン上に痛みやしびれが出ている場合、小殿筋のトリガーポイント(バツ印の部位)からの関連痛の可能性が高くその部位への鍼治療やマッサージ治療で改善します。
症状の出ているラインがちょうど坐骨神経の走行と類似しているためよく混同されやすい症状の一つです。

坐骨神経痛の詳細はコチラ >

 

 

症例2 頭痛

頭痛片頭痛や緊張型頭痛も下の図の様な関連する筋肉のトリガーポイントからの放散痛により出ている場合があり、特に鍼での治療効果の高い症状です。

 

 

症例3 手の痺れ

手のしびれ1手や指に痛みやしびれが生じた場合、「手根管症候群」「腱鞘炎」「頸椎ヘルニア」「胸郭出口症候群」など、症状によって様々な診断が下されます。
これらの症状も斜角筋・小胸筋・肩甲下筋・棘下筋や腱鞘炎には骨間筋へのアプローチにより改善が見込まれます。

 

 

トリガーポイント
つらいところと
離れたところにあります

 

トリガーポイント

そしてこのトリガーポイントはつらいと思っているところとは離れた位置に存在することがしばしばあります。

トリガーポイントを刺激した際に感じる「あー、そこそこ!」「痛いけれど気持ち良い!」「そこが悪かったんだ」といった感覚を認知覚といいます。
この認知覚により患者さん自身が痛みの原因となっている場所を実感できるのです。

原因のわからない痛みとは患者さん自身にとってかなりのストレスとなりそのストレスが痛みをさらに増強させる要因にもなります。

この「関連痛」が、医療機関をはじめ、痛み医療に関わる方に知られていないため、痛む場所への治療に終始することとなり、長年痛みで苦しまれている方が多いことの背景となっています。

 

 

トリガーポントはどのようにできるのか

オーダーメイドで施術

同じ筋肉を使いすぎると、顕微鏡でわかる程度の小さな傷が発生します。 この傷は適度な休養、栄養、運動による血流促進で回復します。

  • 繰り返される無理な動作
  • 急激な動き
  • スポーツ外傷
  • 転倒
  • 自動車事故
  • 長時間のデスクワーク

などなど。

ところが血流促進が不十分な場合、疲労物質が蓄積して筋肉が硬化します。 更に疲労すると、筋が部分的に引きつれて硬いロープ状のしこり(硬結)となります。 内臓の疲れによっても筋肉は局所的に硬くなり硬結となります。

更に進行した硬結は、他の場所へ痛み、だるさ、しびれを飛ばす関連痛となります。
この関連痛を発生させる硬結がトリガーポイントです。

 

 

下町はり灸整骨院はどのように治療をするのか

効果を実感

1、マッサージ……トリガーポイントのある筋肉はこわばっているので、 ゆるやかな力から徐々に圧迫しながら患部の循環を促します。
2、鍼治療……マッサージでは届かない筋肉の奥の深いところにあるトリガー ポイントに鍼を刺して直接刺激します。 トリガーポイントを直接刺激することで血行を促進し痛みを 緩和します。 ツボや経絡とは異なるもので、体の動きや反応、触感によって トリガーポイントを見つけてピンポイントで鍼をさします。

 

 

トリガーポイント治療コース

スタンダード鍼治療

スタンダード鍼治療

1回 5,620円

※所要時間40分~50分
※初回はカウンセリングがあるため、時間に余裕を持ってお越しください

 

 

トータルケア鍼治療

トータルケア鍼治療

1回 8,900円

※所要時間80分~90分

 

 

ボディーメンテナンスコース

ボディーメンテナンス

30分 3,240円
50分 5,400円
80分 8,640円

 

 

tel:0453218812

web予約

shimochou2_86

横浜の鍼灸は「下町はり灸整骨院」 PAGETOP